代表銘柄  製造蔵名 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29 H30 回 数
大吟醸田島 会津酒造(株)
会津中将 鶴乃江酒造(株)
会津ほまれ ほまれ酒造(株)
会津宮泉 宮泉銘醸(株)
寿々乃井 寿々乃井酒造店
あぶくま (有)玄葉本店
弥右衛門 合資会社大和川酒造店
榮四郎 榮川酒造(株)
榮川 榮川酒造(株)
奥の松  東日本酒造協業組合 10
(有)仁井田本家
会州一 山口(名)
 開當男山 渡部酒造場
學十郎 豊国酒造(資)
金水晶 (有)金水晶酒造店
蔵 粋 小原酒造(株)
末廣・玄宰  末廣酒造(株)嘉永蔵
國 権 國権酒造(株) 10
笹の川 笹の川酒造(株)
笹正宗 笹正宗酒造(株)
地酒三春駒 佐藤酒造(株)
千功成 (株)檜物屋酒造店 -
千 駒 千駒酒造(株) -
一生青春 曙酒造(資)
名倉山 名倉山酒造(株) 10
花 春 花春酒造(株)
又兵衛 (名)四家酒造店
雪小町 (有)渡辺酒造本店
京の華 合資会社辰泉酒造
稲 川 合資会社稲川酒造店
萬代芳 合資会社白井酒造店
自然郷 合名会社大木代吉本店
夢 心 夢心酒造(株)
大和川 合資会社大和川酒造店
会津吉の川 合資会社吉の川酒造店
末廣・玄宰  末廣酒造(株)博士蔵
飛露喜 合資会社廣木酒造本店
東豊国 豊国酒造合資会社
金紋会津 会津酒造株式会社 -
人気一 人気酒造株式会社
七重郎 合資会社稲川酒造店
さかみずき たに川酒造(株)
廣戸川 松崎酒造店
嘉永蔵大吟醸 末廣酒造(株)嘉永蔵
大吟醸きたのはな (資)喜多の華酒造場
福島県 福島県産酒金賞受賞数 20 19 22 26 17 24 18 22 19 22
福島県 福島県金賞受賞全国順位
五十音順
 
 1.目 的  ・・・ その年に製造された清酒を全国的な規模で調査・研究することにより、製造技術と酒質の現状及
            び動向を明らかにし、もって清酒の品質向上に資するとともに、国民の清酒に対する認識を高める
           こと。

 2.主催者  ・・・独立行政法人酒類総合研究所が実施し、明治44年(1911年)の第1回開催以来、今年で通算
           100回目を迎えた。

 3.審査の概況・・予審:平成31年4月23日(火)〜25日(木)の3日間   
   (R元年)    決審:令和元年5月9日(木)〜10日(金)の2日間
            審査員・・日本酒造組合中央会の推薦を受けた清酒製造者、地方公設醸造関係指導機関職員、
                 国税庁鑑定企画官室職員、国税局鑑定官室職員、酒類総合研究所職員の中で、理事
                 長が指名した者
 
 4. 審査方法・・・ 予審は、プロファイル法を採用し、「香り」「味」の特性、及び「総合評価」について官能評価で実
            施。決審は、総合評価法(3点法)で官能評価を実施。

 5. 審査結果・・・ 出品数 857点 入賞酒 416点  金賞酒 237点
                  
 6. 福島県産酒の状況
           平成30酒造年度は、31点が入賞し、そのうち22点が金賞を獲得。全国順位
          で1位となり、福島県の地酒が7年連続で日本一の高い評価を受けていることが立証された。 

        注) 平成30酒造年度は、平成30年7月1日〜令和元年6月30日までに収穫された酒米を原料として
          醸造された清酒を意味する。
    
新酒鑑評会について
地図へ戻る
福島県の金賞受賞蔵元一覧
全国新酒鑑評会
最近10年間
※ H21〜H30は酒造年度を示す